ぶらりスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 失った自信を取り戻すために足柄峠にチャレンジ(10/9)

<<   作成日時 : 2017/10/11 01:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょうどいいコースがない

目下の悩みだったりします

距離100km、獲得標高1500mくらい
かつ、練習ではなく、景色重視のコース


こういうのを探してたりするんですが‥
中々見つかりません

自分でうまくコースを引こうにも
距離か獲得標高を稼ぐために
無駄に冗長なコースになってしまいます‥


ということでいろいろ検索していたときに見つけたのが

あしがらロングライド

走ろうとしていたのが10月9日ですから
前日開催だったようですね

これの100kmコースがちょうどいい
これをなぞろう、そうしましょう


コース決定‥と思ったんですが‥

これコース後半に地蔵堂まで走ることになってるんですね
地蔵堂といえば足柄峠に向かう道で
普通に10%前後の斜度の出てくる道

後半にもってくるのはきつくないか
むしろ、一番最初にもってきた方がいいんじゃない

‥それなら、足柄峠自体に登ってしまっていいかも

ふむ、それもいいかもしれませんね

足柄峠にしょっぱなから登り、丹沢湖に向かう

その後は走れるところまで走って
どこかの駅で輪行

あるいは‥いったん静岡側に下って
長尾峠から登って箱根のススキを見て帰る
‥なんて案もありますね

あしがらロングライドどこいったって感じですがw

まあ、最初に足柄峠に登ってしまえば
そこからの選択肢はそれなりにあるということ

これで決定

当日はしょっぱな輪行です

乗り換えやら何やらが激しくめんどくさいのですが
横浜線〜小田急線で新松田まで向かいます

これ初めて使って気がついたんですが
JR使うより安い

1000円せずに行けますね
(小田原までJRだと1300円ほどします)

ロードバイク輪行なら新松田スタートはあり

711号から78号へ抜けていきます
祝日とはいえ月曜日

動いている工事現場などもあるようで
大型車もちょこちょこ
でも道幅も広く、そんなに怖くありませんね

距離も短くあっという間に大雄山駅近くの竜福寺交差点に
そこから右折して、いよいよ登り始めます

街中なのに、普通に8%前後の坂も出てきます‥

あと、この日は暑くすでに25度前後

斜度のある坂を登っていると汗が噴き出してきます
再びの足攣りの恐怖が頭をよぎりますが
とにかく淡々と登っていきます

てか、足柄峠で検索しているとよく出てくる
ウェルカム坂はまだか

画像


あった
これは酷いw
もう心をへし折る気満々ですね

さて、とりあえずは地蔵堂まで頑張ってみましょうかね

よろよろとスタート

とにかく先が長いのでゆっくりゆっくり
変に頑張ることはしないで
7,8kmhくらいのスピードで登っていきます

前半は何だかんだ息を付ける斜度があるので
ちょっと慎重かなあとは思うんですけど‥

しばらく進むと明神林道との分岐
おっと、工事が行われているようですね

てか、この林道、一般車両通行止めなんですが‥

ストリートビューで普通に見れますw
Googleカーはさすがに林道関係者でもないでしょうに

そのせいか、ブログとか見てると
車、自転車含む二輪車問わず普通に走っていますね

箱根町のHPを見ると、足柄幹線林道と明神林道は
通行規制を緩くしてほしいとの陳情も上がっているみたいだし

実情と合わない通行止めは辞めた方がいいような‥

まあ、これは帰宅してから調べたんですけどね
走ってるときはこれかーくらいにしか思ってませんでした

ここを過ぎてしばらくするとトンネルがあり
それを超えると地蔵堂への分岐があります

足柄峠のTTのスタートゴール地点は調べていなかった上に
10%強が続く道は地蔵堂以降だったので
いったん地蔵堂に寄ることにしました

画像


ここからさらに登っていくと
金太郎の生家とかいろいろあったようですね
全然調べていなかったので気付かず‥
しばらく休んだあと、いよいよ出発です

さて‥地蔵堂分岐から万葉公園まで3.5km
その間、ほぼ全ての行程で斜度10%
いってみますか

‥と言いつつも曲がってすぐは8,9%

でも、ほんの少し、すぐに10%前後になります

ここからは本当に落ちませんでしたねえ
ヘアピン1個曲がってから本番

イン側の斜度がなかなかえぐいことになっています

後ろから車が来ていないことを確認して
やや膨らみながらインベタは避けて走ります

14%や15%の看板が見える前から
11、12%がちらちらするので全く気が抜けません

車やトレランの人の気配にびっくりすると
あっという間にバランスを崩すので
とにかく心を無にしてペダルを回します

スピードも5kmh前後

もはやトレランの人にすら抜かれますw

しかし、頑張ろうと無理をすると再びの攣りが見えるだけ
車の状況を見つつ、少しでも斜度が緩い道を選択します

息も絶え絶えに登っていると視界が開け‥

ゴールかと思わせておいての見晴台

えっぐいw

しかも、そこから斜度を上げてきます
ただ、ここまで来たら足をつく選択肢はありません

攣るのが先かゴールするのが先か

駐車場が見えてからも、えぐい

もうすぐゴールと油断させてからの15%の坂
最後の最後まで心を折りにかかってきます
しかし、ここまで来たらもう勝ち

画像


二度あることは三度ある‥ではなく

三度目の正直
足柄峠に見事勝利


ちなみに、帰ってから気付きましたが
TTコースのゴールはこの先だそうです

‥まあ、スタート地点もだいぶん手前だったようですし
核心部分の激坂は足つきなしでしたし
ゴールでいいんじゃないでしょうかw

次の機会に確実にTTコースを走るとしましょう

今回のゴール万葉公園の先にあるという絶景へ‥
足柄城址の碑の横の階段を登り
奥の方へ歩いていくと‥

画像


/^o^\フッジッサーン

久しぶりですかね
大学で山をやっていたころ
明神ヶ岳〜金時山と歩き、乙女峠か長尾峠で見た以来の
箱根からの富士山

個人的には富士山は箱根外輪山から見るのが一番

眼下の御殿場の裾野から富士山の頂上まで一望

この日は雲がありましたが
雲一つない空気の澄んだ日に見る富士山は忘れられません

あのときの感動は嘘じゃなかった
改めてそう思いましたねえ

画像


自撮り

しばらくぼーっとしたら出発です
さて、ここからですが‥
うーん‥下調べが足りていないのでやめておきましょう
このまま戻り、次の目的地、丹沢湖に向かうことにしました

来た道を引き返します

てか、こんな道を登ってきてたのか‥

よくもまあ、耐え抜けたものです‥

斜度がきついところは慎重に地蔵堂を抜け
斜度が緩くなるところが出てきてようやく一息

山北へ向けて一気に駆け下りていきます

いったん246号との交差点まで出ましたが‥
んーわかりづらいですねえ

旧道76号への分岐がよくわかりません
信号を渡り押し歩き、ようやく76号に入りました

途中、旧旧道になるのでしょうか
727号に入りますが‥この道はダメですねえ
交通量のわりに道が狭すぎます


観光の車、地元の車がそれなりにやってきます

かなり気を使い、ようやく丹沢湖へ抜ける道にIN

あとは最後にあるという9%の坂まで淡々と走るだけですね

観光の車にときどきダンプ
気を使いながら走ることしばし
目の前にそれはもう見事な坂がw

笑っちゃうくらい一気に斜度が上がりますね

あっという間に9,10%になった斜度をゆるゆる登り
長い長いトンネルを抜けて‥

丹沢湖にとーちゃく

画像


山深い中にある湖っていいですよねえ
三保ダムをゆるゆる押し歩き
しばらく歩いて回ったあとに出発

とりあえず奥地に向かって走りますかね

この辺りの特徴かそれなりの斜度のアップダウンを繰り返し

画像


こんなところまで来てみました

このあともしばらく道路は続くようですが‥
さすがに飽きてきたので帰るとしましょうw

この後は来た道を引き返し
一瞬246号に合流したあとすぐに旧道へ
山北駅をすぎ、東山北駅手前で
246号に合流するのを‥嫌って
アンダーパスの道に入ってみました

小さな川沿いの道を走っていると‥
道がなくなったw

完全に迷子ですね

地図で確認しながら‥
721号から一瞬74号、そして720号に抜けていきました

この辺りはマジで道が入り組んでて
今どこ走ってるかさっぱりです‥

画像


720号を走ってるときに見かけた
田んぼの中の一本の木に御堂でしょうか

こういうのいいですねえ

本当はもう少し走りたかったのですが‥
道に迷いまくって中途半端な時間になっちゃいました

タイムアップには早いけど‥
納得の行くところまで走る時間はありません

仕方なし

新松田駅まで走って再び輪行で帰宅しました

走行距離:70.52km
移動時間:4.19.25
平均移動速度:16.3km/時
総上昇量:1236.0m

遅いなw
まあ、足柄峠だけで1時間以上も使ってるので仕方ない

‥それよりも‥
正直言って物足りません

距離も獲得標高も両方

ここ最近のライドのおかげで
距離100km獲得標高1500mくらいが
満足できる内容のようです

あーやっぱりいいコースないかなあ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
失った自信を取り戻すために足柄峠にチャレンジ(10/9) ぶらりスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる